読書日記 64 ロクヨン 横山秀夫さん

a0006545_1205991.jpg
648ページ

読ませる、引き込まれる。

いたずら電話?

誘拐

誤解

組織

家族

個人

仕事

葛藤

矜持

7年振りの新作。

NEWSポストセブン|作家・横山秀夫氏 記憶喪失状態で廃業の危機に襲われていた

Interview:横山秀夫(作家) 7年ぶり『64』刊行 新しい地平に立つ警察小説- 毎日jp(毎日新聞)
横山秀夫『64』|文藝春秋|特設サイト

7年で済んでよかった。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2012-11-19 01:19 | 日々