日本脳炎ワクチンの現状

マウス脳由来ワクチンを2005年5月末に停止。
マウス脳由来ワクチンは在庫及び使用期限切れにより2010年(平成22年)3月に払底した。

マウス脳より安全性が高いと考えられたvero細胞(アフリカミドリザル腎臓由来株化細胞)由来ワクチンへの切替をすすめ
2009年6月に導入された「ジェービック5」
2011年4月からの「エンセバック」で、
計1000万回以上、接種されている。



ジェービックを巡っては2012年年7月と2012年10月、接種を受けた子供が死亡している。
副作用が疑われるケースとして104人の発症
ジェービックが93人(期間28ヶ月) 月あたり3.3人
エンセバックが11人(期間18ヶ月) 月あたり0.6人


当面、原因がはっきりするまでは、控えたほうが無難かも。
どうしてもの場合は、まだエンセバックのほうがまし。
素人がドクターに、予防接種の名前まで確認しなければならないのか・・・・


わが家も、ちょうど予防接種を受けずにきた、制度の谷間に入っています。
因果関係がはっきりするまでちょっと怖い。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2012-10-28 21:59 | 日々 | Comments(0)