中学の修学旅行から、何回目になるか、

それにしても、海外の方が増えた。

懐かしい場所。


それにしても、いつか舞台が壊れそう。
人多いし。

眺めがいい。

河原町から高島屋向かいのバス停から
207番で、清水道下車 坂上っていく。

清水道かバス停から100番バスで
平安神宮を過ぎたら慈照寺。

銀閣道下車。のぼっていくかんじ

銀閣道から32番(これはガラガラだった、100番超混雑)
で四条河原町へ。
[PR]
# by kenjimasamunecat | 2016-08-25 10:15 | 日々 | Comments(0)
河原駅町から歩いて10分くらい?

裏口から入る感じ。

建物入ってすぐに、

風神雷神図屏風(国宝)  ※通常はレプリカ

それにしても建物の中は広い。
こどもが走り回りそうなくらい。

法堂

東陽坊

安国寺 恵瓊(あんこくじ えけい)の首塚

○△□乃庭

これ△は見る角度によっては
ぱっと見わからないよなと。
△だと正三角形を探してしまうし。

先入観なしにみたら、木を▽
に見立ててるのかと解釈してしまいました。
[PR]
# by kenjimasamunecat | 2016-08-25 10:10 | 日々 | Comments(0)
ちょうどブラタモリをみたあとだったので
より楽しく参拝できた。
ブラタモリ

タモリは、いいとも終了後、地方に出やすくなった。

赤福。

外宮から内宮へはバスを利用。

近鉄のとおりゃんせパスがあれば乗り降り自由。

ただ、とおりゃんせは、複雑で窓口で特急券に換える
とか、全席指定だから仕方ないのだが
もうちょっと簡略化できないものかと。

それにしても暑い日々だ。
[PR]
# by kenjimasamunecat | 2016-08-25 09:56 | 日々 | Comments(0)
たまたま、テレビで、女子ラグビーのオリンピック出場前の
合宿の様子が流れていたので、なんとなく見てしまった。

そこでは、ラグビーとはまったく関係のない、自衛隊方式の訓練
とか、浜辺を300m・10本走るとか
昭和以前の非合理的な練習?風景が、延々と流れてきた。

こんなにつらい、実際涙を流していた選手もいたが、練習を
乗り越えた自分たちは、精神的にも強く、絆も深まり
誰にも負けない
という精神論に行き着くものだった。

いまどきの若者が、こんなひどい練習についていくこと自体
驚きだったし、誰もおかしいとは思わない、言わない雰囲気・空気
が確かにそこにあった。

100歩譲って、練習が効果的だったとしたら

当然、オリンピックの舞台で、実力を発揮し、相手に勝つ試合ができる
はずだ。こんなにもつらい練習をしてきたのだから・・

結果は、報道されている通り、0-45 とゼロ負け。

点がまったくとれないのは、どういうことだろう。

女子ラグビー人口が3千人程度で、さらに7人制は少ない競技人口
というのも報道で知ったが、あんな根性論・精神論の練習風景をみたら
ふつうやりたいとは思わない。
ルールを熟知し、攻撃方法・防御方法・相手のプレイを研究し
自分たちの長所を伸ばし、短所をカバーする
ということがすべてスポーツ共通に必要なことだと思うが
この当たり前のことが、まったくできていないのではないかと。
個人の力量があって、そしてチームプレイデはお互いの協力・連携が
必要になる。

サッカーにも言える。何日も前に現地入りして、入念に
何をしているのか?時間の無駄かもしれない。
ナイジェリアのように、ぎりぎりに来ても。勝ってしまう。

事前に JAPANの文字だから5点とると言われていたが
まさか本当に5点献上するとは、どこまで相手のペースで
プレーさせてあげる体質なのか

じぶんたちのプレーができないのは、相手が強ければ当たり前だ。
相手はそれこそ、日本のチームを分析しているのふだから。
自分たちのプレーがしたければ、幼稚園児相手にでもすれば
見事な試合ができるだろう。

昭和世代のコーチたちがいなくなり、世代交代したと思っていたら
いまだに肉体酷使だけの洗脳的な連帯意識強化が続いていて
愕然とした。

死ぬこと以外は かすり傷

という言葉も使われていた。

骨折していてもプレーすることが賛美されており、
とてつもない違和感を感じた。


0-45の試合結果は、目を覚ますいいチャンスとなることを祈る。

ここまで書いてニュースをみたら第二試合も
0-40

いまだに点がとれていない・・・

そしてコメントの中の 自分たちのプレー・・・
あるあるになってしまった。

細かいミスをしないために練習するのでは?

サポートが遅れないよう、相手ボールにならないように
工夫・練習するのでは10回のうち1回でもそれができたら
ゼロ負けはないのでは。
気持ちなら誰でも持てる。焦りが生まれたときにチームの連帯など
監督の指示や、応援、基本に忠実にするといったことで取り戻すのでは?
ずっと焦りっぱなしか・・・

監督も感覚でしか、言っていない。感覚ねぇ
英国、カナダが相手だといけない。って、対戦相手ですから。

せめてゼロはなしにしたい。
反応の速さといっているが、相手のほうが反応が速いのでは?
あとは1人目が大切にボールを供給することって
これ、最初の最初で、一人目が大切にボールを供給していないってこと
だから。これでは勝つ以前の練習の問題。
一人目が二人目にボールをつながないと。それ練習しようよ。
自衛隊などやっている時間ないのい。
いちばん大事な練習です。



新種目の7人制ラグビー女子がスタートした。第10シードの日本は初戦で第3シードのカナダに0-45で大敗。2試合目は第4シードの英国と戦ったが、再び0-40の完封負けで力の差を見せつけられた。4カ国総当たりの予選リーグで0勝2敗。競技1日目を終えてC組の最下位となった。



エース山口真理恵(26=ラガール7)は「初戦はサポートが遅れて相手ボールになった。2戦目は反応は良かったが、細かいミスでトライがとれなかった。立て直す気持ちはあったが、焦りが生まれて、安心感があるプレーよりもバタバタした」と振り返った。五輪の舞台については「不思議な感じ。いつもと同じようで違うような。自分たちのミスで自分たちのプレーができなかった」。

 浅見監督は「英国戦は焦ってしまった。『アタックはいけるだろう』という感覚があったと思うが、英国、カナダが相手だといけない。切り替えるしかない。反応(の速さ)がうちの武器。あとは1人目が大切にボールを供給すること」と話した。
[PR]
# by kenjimasamunecat | 2016-08-07 23:37 | 日々 | Comments(0)
これまでのnexus5では、LINEには
Facebookで登録しており、
電話番号は使用していなかった。

スマホが変わるので、アカウントの引継ぎを使用にも
元のスマホが死んでおり引継ぎ設定ができない。

また別のFacebookアカウントを作ればよかったのかも
しれないが、電話認証で、LINEを登録してしまった。

仕組みを理解していなかった自分が、うかつでしたが
自分の電話帳さえ登録しなければよいと思っていたので

いきなり、知り合いかも・・・の攻撃がきてダメージが大きかった。

LINEの仕組みは、電話番号を相手が持っていれば、

自動追加の設定をしていると、勝手に追加されるんだと
いうこと。

これ理解していなかった。

いまの帰国後から電話番号は10年以上使用しているので
間違い電話は少ないと思うが、
よく電話番号を変える場合は、相手が電話番号をそのままにしていると
まったく知らない人とつながってしまうということになる。

おそるべしLINEの実力。

電話番号いくつ保有しているのだろう。。

名前や写真などどうすればよいか悩む
[PR]
# by kenjimasamunecat | 2016-08-02 23:06 | 日々 | Comments(0)
ついに、使用不能になってしまった。

症状は、電源ONすると、白っぽい画面になり、
そのままの状態に。

電源長押しも、再起動後に同じ症状
音量下と電源長押しも、同じ。

再起動ループということではなく、
ぐぐっても同じ症状はでてこない。

ブートローダーさえ起動しない。

ポケモンGOをやりすぎたせいか、最後は
かなり発熱していたからか。

というわけで、緊急的に新規にスマホが必要になり、
いろいろ比較検討しました。

Zenfone 3 は日本未発売
Moto G4 Plus はその時点では未発売
iPhoneはSEか7は9月だし・・・と悩む。

予算は安ければよいが、ポケモンGOは通常プレイできる能力
があるもの・・・

ということで、結果、長男に与えたものと同じもの

MIYABI SAMURAI 

アウトレットでは15,000円を切る価格でしたが
時間なく、ヨドバシで希望価格の19,800くらいで即購入。

これポケモンGOは、公式には書いていなかったが、
長男が普通にプレイできているので、対応しています。
バッテリーの持ちもよい。メモリーも2GBで
simも、nexus5と同じマイクロサイズで、simのサイズ変更も不要
と欠点がなかった。

MIYABIお勧めです。(個人の感想です)

を購入。
[PR]
# by kenjimasamunecat | 2016-08-02 22:47 | 日々 | Comments(0)
ポケモンGOの世界の ポケストップの場所は
実はIngressという先にARを使用したゲームを
開発元のNianticがリリースしているのだけど
そのときのポータルとして使用した場所を流用
(写真やコメントも含め)しており、
ポータルはある時点まで募集していたので
誰でもどこをポータルにするか申請できた。
現在は、受け付けていない。

2013年10月に誰でも参加可能のオープンベータで
Ingressに参加していたが、現実世界が忙しく
アカウントを作成しったが、実際に外に出て
遊ぶまでにはいかなかった。

今回、ポケモンGO をやってみて、Ingressの世界観を
洗練させて、親しみやすいポケモンのキャラと組み合わせて
誰でも、簡単に操作できるようにもっていったのは
すごい のひとことに尽きる。

スマホでのゲームのありかたに、別のアプローチを
したことは非常に大きい。

この技術は、他社は追随できるのだろうか・・
[PR]
# by kenjimasamunecat | 2016-07-23 18:39 | 日々 | Comments(0)
最初に出てくる3匹をやり過ごしていると
ピカチュウが近くに出現する。
[PR]
# by kenjimasamunecat | 2016-07-23 15:08 | 日々 | Comments(0)
公式サイトは
『Pokémon GO』
『Pokémon GO』は、地球上すべてが舞台! プレイヤーは、ポケモントレーナーとして、現実世界のいろいろな場所を歩き、探索して、ポケモンを捕まえることができます。
ポケモンは、世界中のあらゆる場所で目にすることができます。現実世界で、ポケモン探しの旅に出よう!

ということで
iOS版、GooglePlay版 どちらもダウンロード可能。

iOSでは ポケモン では検索できず pokemonでヒット。

サーバーが混雑しているもよう。 
これは新記録間違いない。



思った以上に良くできている。

近くの目印となる施設 たとえば 公園、神社、寺、図書館
ショッピング施設など

モンスターボールやアイテムを入手できる。

ポケモンはどこに何がいるのか

決まっているのだろうか?それともランダム?

それにしてもバッテリーの減りがはんぱなく早いので
モバイルバッテリーは必要。

でも飽きるのも早いかも。

一度、モンスターボールを入手した場所でも
しばらくしたら 10分くらい? また入手可能となる。


13歳未満は、プレイするのに下記手続きが必要となる。

最初に、生年月日を入力するので、そこで判定される。

『Pokémon GO』をプレイするには、Googleアカウントか「ポケモントレーナークラブアカウント」(以下、「PTCアカウント」)の取得が必要です。
13歳未満の方は、Googleアカウントを取得できないため、「PTCアカウント」の取得をお願いいたします。
まず、保護者様が「PTCアカウント」を取得した後、それに紐づける形で、13歳未満のお子様の「PTCアカウント」の登録をお願いいたします。

ただ、7/22現在、PTCアカウントがサーバー混雑で利用できない。下記
アナウンスあり。 つまり13歳未満は正規ではプレイできない状況。
現在、「ポケモントレーナークラブアカウント」のサービスが混雑のため、新規アカウントの作成などのご利用が正常にできない状況となっており、状況の改善に努めております。



タイトル
Pokémon GO
対応環境※タブレット端末での動作は保証しておりません。
【iOS】 対応OSバージョン:iOS 8 - 9  対応端末:iPhone® 5/5c/5s/SE/6/6s/6 Plus/6s Plus
※iPod touch第5世代はOK

【Android】 対応OSバージョン:Android 4.4 - 6.0 対応端末:Android 4.4以上 RAM2GB以上搭載の端末
※Intel製 Atomプロセッサ搭載端末は非対応です。
[PR]
# by kenjimasamunecat | 2016-07-22 20:02 | 日々 | Comments(0)
今年は7/7に鳴きはじめたように思える。
少なくとも、意識したのはその日。

セミの一生を思うと、7年地中というのも
種によって異なるらしいが
とにかく、地中が長く、地上は短い時間しか
生きていられないのは間違いない。

1年でも環境の変化がめまぐるしく変わっているのに
地中で仮に7年としたら、それでよく出てきてやっていけるなと。

抜け殻の場所を見ると、木以外にも、車のタイヤとか
意外な場所で成虫になっているので驚く。
ある意味、環境の変化に対応できる能力が高いといえるだろう。

ミンミンゼミ  二年・三年・四年
  ツクツクボウシ 一年・二年
  アブラゼミ   二年・三年・四年
  クマゼミ    二年・四年・五年

1年でもいるらしいし、誰か再度、きちんと育ててみてください。
[PR]
# by kenjimasamunecat | 2016-07-19 23:26 | 日々 | Comments(0)