<   2013年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

何周しただろうか

3周か4周目、もしかしたら5周目だったかでチャレンジ。

無事に20人以下で倒し、入手できました。

ニンテンドー3DSのぼうし

の帽子をまずはゲット。

あと2周しないと
NESのぼうし
ファミコンのぼうし

が入手できません。

その途中ですが、新たな
すれちがい ができることになりました。
ニンテンドー3DS|すれちがいMii広場|Nintendo

1本500円で、4本まとめ買いだと、25%OFF500円引きで 1500円
1500円で4本購入できます。

うさぎさんの言うとおりで。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-06-19 13:20 | 日々 | Comments(0)
Groove Coaster Zero for iPhone 3GS, iPhone 4, iPhone 4S, iPhone 5, iPod touch (3rd generation), iPod touch (4th generation), iPod touch (5th generation) and iPad
基本 無料です。

これもハマります。

公式HPは
TOUCH!PLAY!TAITO | GROOVE COASTER ZEROとなります。

iOSも遊べてよかった。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-06-16 23:51 | 日々 | Comments(0)
NEXUS7 だけではなく

iPodTouch(第五世代)も 我が家にはありますので
appleのアプリも楽しめます。

32Gが先日5千円値上げされていたので、買っといてよかったと
思った商品のひとつです。


それで、まだAndroidでは出ていないゲーム Dots

をPlayしています。

Dots: A Game About Connecting

基本、無料です。

ルールはシンプルかつ簡単 単純明快。
ドットを直線で結んで消していくゲームで、斜めの線はだめです。
四角く囲えれば高得点となります。

技を使わずに、使い方が知らずに、いま153点が最高得点です。
長男は70点くらい。反応が遅く、考える時間が長いです。
制限時間1分。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-06-16 23:42 | 日々 | Comments(0)
ビグ・ザムとうふ | 相模屋

これは実際に見て、買って、食べていただくしかありません。


お中元用ギフトセット「ソロモンセット」も6月28日から出撃するみたいです。

その内容は

ビグ・ザムとうふ ヘッド&ボディユニット×1、レッグユニット×2、ごはん詰め詰めユニット×1
ザクとうふ(枝豆風味)×2機
ザクとうふ 高機動型(黒胡麻風味)×2機


最新情報|相模屋食料株式会社
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-06-16 21:59 | 日々 | Comments(0)
蛍を見たのは何年ぶりか、記憶が定かでない。

夜の7時半過ぎに、ひとつの光が点として、草の陰のところから見える。

それから、どんどん加速度的に、その数は増え、そして 飛び回る光。

見学にきている女の子は、草を掻き分け、茂みの中から光った蛍を
手で捕まえていた。(その後、逃がしてあげていた。)
虫取りは、少年よりも少女の方が積極的になっている時代なんだと
感じる。女の子の手のひらで光っている蛍を、2年生男子や年中男子が
食い入るように見ていた。
蛍は想像以上に明るい。

自然の暗闇の中で、
見る蛍を 覚えていてくれたらなと。

蛍の成虫の寿命は、オスで10日、メスで2週間くらいと言われる。
そのはかなさ。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-06-16 21:52 | 日々 | Comments(0)
iOS 7 beta for Developers - Apple Developer
beta版を、いち早くダウンロードすることも 開発者向けで、登録有料が必要ですが可能です。

リリースは今秋の予定
アップデートできるのは、iPhone 4以降、iPad 2以降、iPad mini、第5世代のiPod touch

iOS in the Carを使用すれば、カーナビが不要になるかも。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-06-12 00:18 | 日々 | Comments(0)
本田選手は先発はずれている。

世界ランクは日本が32位、イラクは98位

これは、完勝しないと。

それにしても観客が少なすぎ。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-06-12 00:07 | 日々 | Comments(0)
本田選手がいるといないとでは、
雲泥の差がある。

先輩にも、きっちり 言わなければならないことは言うし、
自分自身の課題も認識している。

気になったのは、

会見中の 本田選手の 目(眼球)の黒目の動きだ。

異様に、左右に小刻みに動いていて、これでは
見えにくいのではないか なにか変だなと感じ、

ググッテ見ると 今年、レーシック手術を受けていたようだ。

視力に影響がなければよいが・・・
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-06-11 23:36 | 日々 | Comments(0)
ワタミ社内文書入手渡辺美樹会長が「365日24時間死ぬまで働け」 | スクープ速報 - 週刊文春WEBhttp://shukan.bunshun.jp/articles/-/2761
渡辺美樹・ワタミ会長が著書で「ワタミの仕事すべてに直結し、根底で支えている思想の原点」、「この理念集を否定したときは、君たちにこの会社を去ってもらう」としている重要文書。

よっぽど大事な大切な言葉が書かれているに違いない。

「365日24時間死ぬまで働け」、
「出来ないと言わない」

など書かれている。

法律関係なし。
これは奴隷よりもひどい扱いである。
こういうのって、いつも自分自身は例外で棚上げだな。


入社内定者に配布される人材開発部作成の『質疑応答』では、勤務時間について、『「仕事は、成し遂げるもの」と思うならば、「勤務時間そのもの」に捉われることなく仕事をします。なぜなら、「成し遂げる」ことが「仕事の終わり」であり「所定時間働く」ことが「仕事の終わり」ではないから』と記載。
さらに、休日について「休みがあっても、自分の意志で出勤する社員もいます」

これでいいなら、時間外が1日16時間くらいつけて申告すればいいのでは。

成し遂げるために、ご飯も食べるし、食事もするし、睡眠も必要だから
寝ながら仕事しています!って。

そして365日24時間仕事したことにして、時間外労働分の賃金を請求すればよい。

死ぬまで働けということは、文字通り終身雇用で、70歳、80歳、90歳、100歳になっても
面倒を見てくれるということで。

ところが、「(勤務をしている)12時間のうち、メシを食える店長は2流だと思っている」
という話を研修時に渡辺会長がしているそうだから、12時間メシ抜き つまり休憩なし
つまり、労働法違反
 労働基準法という法律に,
「第34条 使用者は、労働時間が6時間を超える場合においては少くとも45分、8時間を超える場合においては少くとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならない。」
とあります。

法律を平気で無視するような発言をいうことが、「ブラック」の証明ですが、
ご本人は、社内向けの言葉と、対外的な言葉を使い分けているのでしょう。

あと、以前、カンブリア宮殿 出演時の発言も 驚きを通り越し、この考えでは
ブラックといわれるというものでした。

以下は カンブリア宮殿でのワタミ社長と村上龍のやりとり を再現したものです。

ワタミ「『無理』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。途中で止めてしまうから無理になるんですよ」
村上龍「?」
ワタミ「途中で止めるから無理になるんです。途中で止めなければ無理じゃ無くなります」
村上龍「いやいやいや、順序としては『無理だから→途中で止めてしまう』んですよね?」
ワタミ「いえ、途中で止めてしまうから無理になるんです」
村上龍「?」
ワタミ「止めさせないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、とにかく一週間全力でやらせる」
村上龍「一週間」
ワタミ「そうすればその人はもう無理とは口が裂けても言えないでしょう」
村上龍「・・・んん??」
ワタミ「無理じゃなかったって事です。実際に一週間もやったのだから。『無理』という言葉は嘘だった」
村上龍「いや、一週間やったんじゃなくやらせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」
ワタミ「しかし現実としてやったのですから無理じゃなかった。その後はもう『無理』なんて言葉は言わせません」
村上龍「それこそ僕には無理だなあ」

以上

理念集みたいなことをやっている人が、
政治家を目指したり、
震災地域で事業をやったりしても
すべて自分のため、つまりお金のためとしか思えない。

先日は、ブラック企業ではないと否定発言も自身でしている。
先の発言からも、ご本人は「ブラック」ではないといいたいようなので

「無理」のところを「ブラック」に置き換えると、本人の考えがわかります。

「『ブラック』というのはですね、嘘吐きの言葉なんです。途中で止めてしまうからブラックになるんですよ」
「?」
「途中で止めるからブラックになるんです。途中で止めなければブラックじゃ無くなります」
「いやいやいや、順序としては『ブラックだから→途中で止めてしまう』んですよね?」
「いえ、途中で止めてしまうからブラックになるんです」
「?」
「止めさせないんです。鼻血を出そうがブッ倒れようが、とにかく一週間全力でやらせる」
「一週間」
「そうすればその人はもうブラックとは口が裂けても言えないでしょう」
「・・・んん??」
「ブラックじゃなかったって事です。実際に一週間もやったのだから。『ブラック』という言葉は嘘だった」
「いや、一週間やったんじゃなくやらせたって事でしょ。鼻血が出ても倒れても」
「しかし現実としてやったのですからブラックじゃなかった。その後はもう『ブラック』なんて言葉は言わせません」
「それこそ僕にはブラックだなあ」

ブラックという言葉が嘘になりました・・・・
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-06-11 22:38 | 日々 | Comments(0)
以前もどこかでやった気がしますが、
こどもと一緒にチャレンジしてみました。
Amazon.co.jp: NOB PUZZLE The-T [パズル ザティー]: おもちゃ

これ発想の転換が必要です。

結果20分くらいやって、あきらめ・・・・
ネットで解答を見てしまい、驚愕。
そうするのか!

時間あるかたは、解答なしで
チャレンジしてみてください。

こどもは解答見ても、すぐにわからなくなっていました。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-06-03 11:28 | 日々 | Comments(0)