<   2013年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

まだ、まっすぐがメインですが、
カーブはこれから。

それでも大きな一歩です。

ひとつ、不思議なのは、

本人が、あまり喜んでいないところ。
早すぎたのかなぁ。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-05-19 21:40 | 日々 | Comments(0)
単なる筋肉痛だったのか、不明のまま。。。

痛み止めを処方され3日間、筋肉というか節々の痛みはなくなった。

タブレットや、iPodが家庭に入ってから

疲れが取れにくくなっているような気がする。

これでスマホ持ったら、それこそ四六時中
ネットにアクセスしてしまいそうで
自分ではほどほどに距離を置いたほうがいいと感じる。

それにしても
いまどきは、LINEや ツイッター に
登録しあい、
それこそ四六時中、他人のつぶやきや、コメントに
その都度、反応してあげなくてはならないのだろうか・・・
リアクションは3分以内にといった、3分ルールとかあったら恐ろしい。

いいね も怖い。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-05-19 21:36 | 日々 | Comments(0)
天野春子を演じる小泉今日子さんが
(天野は 海女の にかけていると思う)

自分の80年代の歌ではなく
そのとき、まさにあったようなメロディ・歌詞の
『潮騒のメモリー』を歌う。

クドカンワールド
テンポが最近遅いときがあるけど、
もとのテンポ良さで行ってほしい。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-05-19 21:27 | 日々 | Comments(0)
以前
youtubeでメイクのBeforeとAfterを
すべて出したのを見て衝撃を受けましたが

半顔メイク女子

とかで検索すると、メイクのすごさが良くわかります。

メイクでどれだけ変わるかはっきりくっきりわかる。

この流れを受け、本も出ていてAmazonでも動画つきで見れる。
Amazon.co.jp: S Cawaii! 特別編集 気づいたら誰でも読モ以上の顔になれるメイクBOOK―女のコはメイクで人生変わる! (主婦の友生活シリーズ): S Cawaii編集部: 本

整形と勘違いレベルのことがメイクでできるんだと
知らない世界を覗いてしまい 
見なければよかったかも。

すっぴんとの差は誰よりも本人が理解していることだし、
外見も中身も重要視され、
それにしても、今の時代を生きる10代20代は大変だと思う。

この流れは 男性にも来るのは間違いない。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-05-17 11:22 | 日々 | Comments(0)
久しぶりにスイミングプールに行ったせいかどうか。
体調に異変。節節が痛い。単なる筋肉疲労?

眠れない夜に、どうせ眠くならないならと

カバーをめくった地の表紙には
シンプルに小さな活字で
こう印刷されていた。

  Colorless Tsukuru Tazaki
and His Years of Pilgrimage

カバーの下には、あるべき姿が
現れると思っているので、
【表紙】を見るのは習慣になっている。

井戸もなく、壁抜けもなく
しかし、夢 と 体験談 が
不思議な色を与えている。


タイトルの英訳は、
   Colorless Tasaki Tsukuru
and the Year of His Pilgrimage

ではない。【年】は1年のことではなく
複数年を意味している。

眠れないまま、
水曜の夜のことを思い、寝付く。
自分にもあった小中高大と続く地元の
グループのことを思う。

装丁の絵は
Pillar of Fire
実物はでかい。
火柱が直訳だが、これは ろうそく なのか。
現実的に、このようなカフルなろうそくを使うのは
お誕生日ケーキしか思いつかないが、
青と赤は芯が出ていない
オレンジは後ろに1本あって2本に見えるし 全部で10本か。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-05-14 22:55 | 日々 | Comments(0)
飛行機にたくさん乗ったのに、小さかったため
記憶がまったくない長男と

飛行機初めての次男のために

雲の上がどうなっているかを教えるため
札幌旅行に行ってきました。

長男・次男とも感動していました。

雲の上に出ると 晴れていますから。


札幌は、まだ雪が降るほどで
幹線道路は除雪されていますが、
幹線道路の横には、除雪された雪が3m超えの山のように
置いてあり、車線を圧迫する感じです。

一歩、横道に入ると、除雪はされておらず、氷に轍で
でこぼこになっている道を、下手したら、車底をこすらせながら
通る感じです。

住宅街では、年配の方たちが、つるはし(!)を持って
家の前の道路の氷を割っていました。
つるはし、一家にひとう置いているんだ と実感。
玄関脇には、大き目のシャベル(Shovel)が立てかけてありました。

札幌の地下鉄には、網棚がない のを発見。
これは札幌の不思議です。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-05-08 00:14 | 日々 | Comments(0)
サンフランシスコのときは、まったくこれも意識せず。
後部座席は、荷物しか置かないし。

日本で最初に購入したときは、家族4人でしたので
後部座席もフルに使います。

で、最初の車購入時は、まったく意識せず、
というか ガラスって透明じゃん ぐらいな意識でしたが

四季を経験すると、後部座席の 日差しや紫外線ぐらい
和らげる必要があることを痛感し、昨年 買い換えたときには
プライバシーガラスを導入しました。

後部座席のプライバシーガラスも、よく車をモールの駐車場などで
見ると、かなり多い。家族連れならほとんどがスモークでした。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-05-08 00:01 | 日々 | Comments(0)
車を購入するときまで、意識していなかったのが
ドアバイザー

日本の乗用車のほとんど ついています。
ドアの上のところに、雨よけのようになっているもの。

サンフランシスコにいたときには、まったく意識せず 
おそらく ついていなかったと思います。今度写真を探してみよう。

日本で車購入するときに、ドアバイザーについて
聞かれ、まったく情報を持ち合わせていなかったので
不要にしました。

それでモールの駐車場などでよく見ると、かなりの車に
ドアバイザーが付いていました。

でも車の宣伝で CMなどで ドアバイザーをつけているのは
見たことがありません。

歴史的には、エアコンが標準装備でなかったり、パワーが弱かった時代の
換気のための装備の名残とも。

高速走行時の風切り音の発生源となることも。

喫煙者には必需品のようです。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-05-07 23:47 | 日々 | Comments(0)
いつのまにか出版されていた。

3月にも『一緒に遭難・・・』4巻も出ていた。

あわただしくてチェックできていなかった。余裕ゼロでした。

新シリーズ始める前に

RUSHやアルコールや、一緒に遭難、ライン、
サードガールは完結したのかどうか

どれも記憶が薄れてきてしまいました

再度、最初から読み直さないと。
そのため、引越しは数多く経験していますが
いつも過去作品と一緒に移動しています。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-05-07 01:47 | 日々 | Comments(0)
お正月時期からGWまで
4ヶ月間ありますが

長男
次男

ともに2cmは身長が伸びていました。

長男は130cmに達したもよう。もうすぐ8歳 2年生になったばかり。
次男も110cmです。 もうちょっとで5歳 年中になったばかり。


このペースだと年間6cm伸びることになる。
洋服を買い換えないと着るものがなくなります。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2013-05-07 01:38 | 日々 | Comments(0)