<   2011年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

6歳前で20kgを超えた。

逆上がりもできるようになったし、下の前歯も抜けた。

成長を実感。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2011-05-30 23:04 | 日々 | Comments(0)
各地の放射線計測の結果については各都道府県別の調査結果のグラフを文部科学省トップページからご覧いただけます と
よくやっているといいたくなるが、これが
まやかしでした。

都道府県別環境放射能水準調査としつつも、それが
どこで測定するかで、結果は大きく変わってきます。

たとえば、高さ。

新宿は地表から18m、横浜は23mなど
地上からかけ離れた高さに設置されている機械で
計測された数値である。

そして地表が土の上なのか、コンクリートなのかにもよります。

つまり、地表すぐで通常生活している
2m以下の計測値ではないということ。

ごく少数の自治体のみが、2m以下の高さで測定している。

新聞などで、数値が公表されているが、それは
実際に身体に受ける数値とはかなり弱まったものである
ことに注意しなければならない。

特に子供などは1m以下の高さの数値でないと意味がない。

地表には、放射性物質が、気象によって運ばれ
堆積するので、特に地表面が計測すると一番高くなる。
また、雨によって一緒に落ちてきた放射性物質は
雨水がたまるところに必然的に濃くなる。
地表から地中へと染みていくことになり、
表土だけ取り除ければ除染できたのに
もっと掘る必要が出てくる。

20メートルもの高所で計測した数値で
安全ですといわれても、気休めでしかない。

個人でガイガーカウンターを所有したくなるのも無理ないです。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2011-05-30 22:48 | 日々 | Comments(0)
大元の東京電力のHPより引用
TEPCO : 火力発電のしくみ ~上級者編~
コンバインドサイクル発電(CC発電)
発電のしくみ  ※1 HHV:高位発熱量基準 LHV:低位発熱量基準
コンバインドサイクル発電はガスタービン発電と蒸気タービン発電を組み合わせた発電方式です。高温部に1,100℃級ガスタービンを適用し、その排気エネルギーを蒸気系で有効に回収することにより、熱効率をHHV約43%(LHV約47%)※1まで向上することができます。また、小容量の単位機を複数組み合わせて一つの大容量発電設備を構成するため、起動、停止操作が容易で需要の変動に即応できます。このため、中間負荷、低負荷時においては単位機の運転台数を調整することにより、常に定格出力並の高効率で運転できるなど、機動性や運用熱効率の点で優れています。

これには改良型の1,300℃のものや1,500℃のものがあり、
熱効率はさらによくなっている。
1,300℃級コンバインドサイクル発電(ACC:Advanced Combined Cycle)では、ガスタービンの入口ガス温度を1,300℃へ高温化するとともに蒸気タービンにおいても、蒸気条件を高温・高圧化し、あわせて再熱サイクルを適用することにより熱効率の向上を図っています。このような改良により、ACC発電の熱効率はHHV約50%(LHV約55%)※1に達しています。

ACC発電システムを基本とし、ガスタービンの入口ガス温度をさらに高温化した高効率・大容量の発電方式です。ガスタービン耐熱材料の開発、ガスタービンの蒸気冷却などの技術革新により、1,500℃まで高温化することで、LHV約59%(HHV約53%)※1の熱効率を実現します。高効率化による燃料の節約やCO2排出量の低減効果はもちろんのこと、大容量化によるスケールメリットを活かして建設コストの低減も可能となることから、これからの火力発電の中心となる技術です。

コストも原発に比べ格安。
170万キロワットの原発の受注額が数千億円規模
出力が同等のガスタービンコンバインドサイクルは数百億円。
完成までの工事期間も
原発が7年以上にくらべ半減できる。

原発の熱効率は30%ちょっとである。ということは70%弱が
廃熱として捨てられる。効率が悪い。
最新のガスタービンは、さっき書いたように59%だから、原発の2倍効率がよい。

なによりも10万年後まで管理しなければならない、放射性廃棄物が出ない。

こういうのが、普及しないのは、利権が生じないからで
原発には、安全面やら核燃料サイクルや放射性廃棄物の処理に
いたるまで膨大な人がかかわっている。原発いらなくなると
これらの人のお仕事がなくなってしまうという構図である。

原発の稼働率:
2010年度の全国の原子力発電所54基の設備利用率(稼働率)67.3%
つまり、2日働いたら1日休むということ。
 稼働率:「稼働率」の代表的な指標は「設備利用率」である。その原発が一定期間に生み出した発電電力量と、その一定期間でフルに稼動して出力したとして得られる発電電力量(定格電気出力×暦時間)の百分率比。算出方法は以下の通り。
設備利用率〔%〕=発電電力量〔MWh〕÷(認可出力(MW)×暦時間〔h〕)×100〔%〕

風力や太陽光など再生エネルギーは、気象変化によって出力が変動し、電力供給を不安定にし、それが欠点といわれるが、出力を自在に調整できるガスタービンを組み合わせれば大丈夫であり、この点でも出力調整が難しい原発にはできない。


あらゆる面で、原子力発電所をいまの人類の技術力で使う必要性は
まったくない。

そもそも原発を全部停止しても、既存の設備をきちんと動かせば電力不足にならないのだから、
それでも不安であるとか、CO2の排出量を最新設備にすることで減らしたいということに
ガスタービンコンバインドサイクル発電で充分対応できる。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2011-05-30 21:47 | 日々 | Comments(0)
毎日新聞の報道によると、
清水正孝東電社長、地震当日は夫人同伴で奈良観光

奈良・平城宮跡や東大寺の修二会(しゅにえ)(お水取り)見物が主で、平日に夫人、秘書同伴という観光目的の色彩が極めて強い。3人は3月10日午後、2泊の予定で奈良市のホテルにチェックイン。11日に、夫人同伴で東大寺(奈良市)のお水取り観賞が予定されていた。

関西財界人との会合について、関電首脳は「清水社長に会っていない」と否定し、他の主要関西企業トップも清水社長との懇談を否定している。清水社長の平城宮跡視察についても、東電広報部は「公表できない」

と、休暇とって観光するのは、別に構いませんが、
それでも秘書同伴というのは、公私混同?か

いまごろになって、このように
当初の説明では、「関西財界人との会合のための出張」という東京電力の発表が
まったく事実と異なることです。

このようなことが、信用がなくなり、信用がないところの発表は
誰も信じなくなります。

これまでも、同じように、あとからあとから事実が出てくるというのは
もう終わっています。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2011-05-30 08:37 | 日々 | Comments(0)
a0006545_15525765.jpg

昨年冬映画で登場した仮面ライダーコアのオーメダルとメモリを商品化!メモリはドーパントメモリ同様、2つのスイッチを搭載し、ドーパントなりきりを再現可能!

【セット内容】
オーメダル…3(サソリ・コア、エビ・コア、カニ・コア)
メモリーメモリ…1

2,310円(税込)
a0006545_15543997.jpg


最新で、最後になるかものガイアメモリ ドーパントメモリ仕様です。
メモリの音声は「バット」 「スパイダー」 「コア」 「我が名は仮面ライダーコア」

ダブルドライバーに入れても遊べます。銀端子なのでソウルサイド。

甲殻類系コアメダル:
エビ が 一
カニ が 二
サソリが 三

では、コンボの変身ソングはありません。それが残念。
まあもともと、オーズが変身していないので、ないし。


オーメダルセットの01、02、03.04と
カンドロイドもそろって在庫していました。
ようやく、やっと供給が追いついたようです。
よかったよかった。

なりきりアンクも、同時に発売開始でした。
希望者は開店時間に行けば全員購入できていました。
いままでの状況と比べたら余裕あるかも。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2011-05-28 15:53 | 日々 | Comments(0)
福島県内の学校の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について
を出したのは
文部科学省生涯学習政策局長 板東久美子
初等中等教育局長  山中伸一
科学技術・学術政策局長 合田隆史
スポーツ・青少年局長  布村幸彦
こちらの4名です。
この通知の元になったのが
「福島県内の学校等の校舎、校庭等の利用判断における暫定的考え方」についてなお、こちらは 原子力災害対策本部 名義で個人名なし。ここ重要。
そして、この原子力災害対策本部に助言したのが原子力安全委員会。
ここにも個人名なし。 ここも巧妙です。ですが、ここに委員の方々を
列挙いたします。
原子力安全委員会委員
班目 春樹 (専門:流体・熱工学) 1972.3.東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
1990.11.東京大学工学部教授
1995.4.東京大学大学院工学系研究科教授
2010.4.原子力安全委員会委員(常勤)

久木田 豊 (専門:原子力熱工学) 1975.3.東京大学大学院工学系研究科博士課程修了
1990.4.日本原子力研究所東海研究所安全性試験研究センター
原子炉安全工学部熱水力安全研究室長
1996.10.名古屋大学大学院工学研究科教授
2009.4.原子力安全委員会委員(常勤)

久住 静代 (専門:放射線影響学) 1972.3.広島大学医学部医学科卒業
1988.5.日米共同研究機関・放射線影響研究所臨床研究部副部長
1989.4.広島大学原爆放射能医学研究所非常勤講師
1996.4.(財)放射線影響協会放射線疫学調査センター審議役
2004.4.原子力安全委員会委員(常勤)

小山田 修 (専門:原子炉構造工学) 1970.3.東京大学大学院工学系研究科修士課程修了
2002.4.(株)日立製作所技師長
2005.10.(独)日本原子力研究開発機構原子力基礎工学研究部門長
2007.10.(独)日本原子力研究開発機構原子力科学研究所所長
2009.4.原子力安全委員会委員(常勤)

代谷 誠治 (専門:原子炉物理・原子炉工学) 1974.3.京都大学大学院工学研究科博士課程単位取得退学
1996.4.京都大学原子炉実験所教授
京都大学大学院エネルギー科学研究科教授(兼任)
2003.4.京都大学原子炉実験所長
2010.4.原子力安全委員会委員(常勤)

その肝心の文書の20ミリシーベルトの記載の箇所は以下の場所。

国際放射線防護委員会(ICRP)のPublication109(緊急時被ばくの状況における公衆の防護のための助言)によれば,事故継続等の緊急時の状況における基準である20~100mSv/年を適用する地域と,事故収束後の基準である1~20mSv/年を適用する地域の併存を認めている。また,ICRPは,2007年勧告を踏まえ,本年3月21日に改めて「今回のような非常事態が収束した後の一般公衆における参考レベル(※1)として,1~20mSv/年の範囲で考えることも可能」とする内容の声明を出している。

  このようなことから,幼児,児童及び生徒(以下,「児童生徒等」という。)が学校に通える地域においては,非常事態収束後の参考レベルの1-20mSv/年を学校の校舎・校庭等の利用判断における暫定的な目安とし,今後できる限り,児童生徒等の受ける線量を減らしていくことが適切であると考えられる。

※1 「参考レベル」: これを上回る線量を受けることは不適切と判断されるが,合理的に達成できる範囲で,線量の低減を図ることとされているレベル。

 また,児童生徒等の受ける線量を考慮する上で,16時間の屋内(木造),8時間の屋外活動の生活パターンを想定すると,20mSv/年に到達する空間線量率は,屋外3.8μSv/時間,屋内(木造)1.52μSv/時間である。したがって,これを下回る学校では,児童生徒等が平常どおりの活動によって受ける線量が20mSv/年を超えることはないと考えられる。さらに,学校での生活は校舎・園舎内で過ごす割合が相当を占めるため,学校の校庭・園庭において3.8μSv/時間以上を示した場合においても,校舎・園舎内での活動を中心とする生活を確保することなどにより,児童生徒等の受ける線量が20mSv/年を超えることはないと考えられる。

以上ですが、最後のほうは、1-20というのが、いきなり上限の20だけ
だしてきて、20を超えることはない としたところが 誰が読んでも
変です。1からというのが抜けています。

ICRPの言うのは1-20ミリシーベルトではあるが、下方に近づける努力が必要ということと、小児と妊婦などには下方にするように特に留意すべきであるということです。
ICRPの原文をみてみましょう
Application of the Commission's Recommendations to the Protection of People Living in Long-term Contaminated Areas After a Nuclear Accident or a Radiation Emergency ICRP Publication 111いまは、特別に無料公開されています。


During implementation of the optimisation process, particular attention should be given to reduce individual
exposures that may remain above the reference level. Specific groups such as children and pregnant women should also be given particular attention.

These
considerations suggest that appropriate reference levels should preferably be chosen
in the 1–20 mSv band proposed by the Commission. ここでは一般的な意味で1-20

As the long-term objective for existing exposure situations is ‘to reduce exposures
to levels that are close or similar to situations considered as normal’ (ICRP,2007, Para. 288), the Commission recommends that the reference level for the optimisation
of protection of people living in contaminated areas should be selected from the lower part of the 1–20 mSv/year band recommended in Publication 103
for the management of this category of exposure situation.
1-20の低いほうって1のほうですよね、原子力安全委員会や原子力対策本部の人。文部科学省は、なにも考えていません。それら2つの機関がそうしろって言っていますので、そのまま丸投げされたものを出しています。文部科学省のこれらの方も、ひいては文部科学大臣は、
自分でICRPを読まないのでしょうか?
読めば、通知を出すのは文部科学省の責任で出すのですから、
原子力なんたらの人は、こんな文書出したけど、もうちょっと
慎重な数字にしよう。校庭の土も、汚染されているから、せめて
表土を取り除こうって考えるのが、こどものことを考えているなら
普通です。

20っていう数字を特にこども・妊婦に適用するのは
どうよんでもICRPの主旨に反しています。

さらには、あのチェルノブイリの事故後の、ノルウェー国の対応は
The Norwegian radiological protection criteria in the Chernobyl management was based on the recommendations of the ICRP concerning exposures of the
public, with 5 mSv as the maximum dose during the first year after the accident, and 1 mSv/year in subsequent years.
としています。最初の1年で一般の人向けでも 5msv/年です。
その後は年間1ミリシーベルト。
このことからも20というのは、とても大きいというのが、世界的にも
実感します。

そもそも、ICRPは
(o) The reference level for the optimisation of protection of people living in contaminated areas should be selected in the lower part of the 1–20 mSv/year
band recommended in Publication 103 (ICRP, 2007) for the management of this
category of exposure situations. Past experience has demonstrated that a typical
value used for constraining the optimisation process in long-term post-accident situations is 1 mSv/year.
National authorities may take into account the prevailing circumstances, and also take advantage of the timing of the overall rehabilitation
programme to adopt intermediate reference levels to improve the situation progressively.
このように、1-20ですけど、低いほうですから。そして過去の経験からも、普通は年間1ミリシーベルトを使いますよってはっきり書いてあります。これで20を使っては、チェルノブイリの4倍以上の事故です っていうことになります。 
そうか日本政府はそれを言いたかったんだという
解釈になります。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2011-05-23 23:09 | 日々 | Comments(0)
800年の眠りから目覚め、完全復活のためにメダルを探し求めるグリードにより、偶然事件に巻き込まれた映司。グリードの一人・アンクの思惑により、仮面ライダーオーズに変身する力を与えられ、グリードとの戦いが始まる。その戦いの目的は?そして「鴻上ファウンデーション」の真の目的は?
Tシャツは全部で7種類。
オリジナル ガンバライドカードが付いてきます。
2種類あり。どちらか1枚付いてきます。
a0006545_21431831.jpg

a0006545_21434076.jpg


ユニクロ
[PR]
by kenjimasamunecat | 2011-05-23 21:43 | 日々 | Comments(0)
今の時代、こういうので先の情報がわかるんですね
特許電子図書館 - 商標検索
9月から始まる新しい仮面ライダーの名前です。
a0006545_1644203.gif



(190)【発行国】日本国特許庁(JP)
(441)【公開日】平成23年5月19日(2011.5.19)
【公報種別】公開商標公報
(210)【出願番号】商願2011-27248(T2011-27248)
(220)【出願日】平成23年4月18日(2011.4.18)
(540)【商標】仮面ライダーフォーゼ
【標準文字】
(511)【商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務】
 第28類 遊園地用機械器具(業務用テレビゲーム機を除く。),愛玩動物用おもちゃ,おもちゃ,人形,囲碁用具,歌がるた,将棋用具,さいころ,すごろく,ダイスカップ,ダイヤモンドゲーム,チェス用具,チェッカー用具,手品用具,ドミノ用具,トランプ,花札,マージャン用具,トレーディングカードゲーム用カード,その他の遊戯用カード,ぱちんこ器具,ぱちんこ式スロットマシン,その他の遊戯用器具,ビリヤード用具,運動用具,昆虫採集用具
(731)【出願人】
【識別番号】592068428
【氏名又は名称】東映株式会社
(740)【代理人】
【識別番号】100096596
【弁理士】
【氏名又は名称】村下 憲司
[PR]
by kenjimasamunecat | 2011-05-21 16:43 | 日々 | Comments(0)

Blueprint of Fukushima Mark 1 Reactors
福島第一原子力発電所1号機の図面の一部
圧力容器とかパイプだらけであるのがよくわかる。
こういったものが、地震や、あれほどの水素爆発や炉心溶融メルトダウンで
傷つかないわけがなく、穴があいていて当たり前の事態。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2011-05-19 23:09 | 日々 | Comments(0)
2010年9月2日に事故が起きていました。
原子炉隔離時冷却系の機能喪失における保安規定違反
これが、詳しく読むと
驚くほど、単純でひどいミスで 絶句します。

要するに、

★6号機の作業内容を検討する際に、誤って5号機の図面を用いて検討を行った。

まったく図面をちゃんとみていない。
似ているからまちがえちゃったレベル。幼稚園児なみといったら幼稚園児に失礼か。

検討を行うだけなら実際の現実の被害:事故は発生しませんが・・・・

なんと、信じられないミスが起こります。

★本来は6号機の蒸気の量を加減する弁を制御する信号ケーブルを外すべきところ、誤って5号機の蒸気
の量を加減する弁を制御する信号ケーブルを外した。

みんな6号機で作業をするっていっているのに
現実には、別の建物である5号機に入って作業しているのです。

そして
★5号機で作業して、その信号ケーブルには、作業の終了を示す、
6号機の作業表示札が取り付けられていた。

というのだから、怖い。怖すぎる
いま、自分が入って作業したのは5号機なのに、
そこに6号機と書いてある札を取り付けてしまってまったく
違和感を感じていないのだから、どうなっているのか。一人で作業しているわけでも
あるまい。

根本原因分析の実施および再発防止対策の策定について、仰々しく記載していますが、
数字の5と6を間違える人たちに原子力発電所で作業させてはいけません。
誰か一人でも、あれ、おかしくない? っていえばよかったのに。王様は裸といえない
空気でもあるのでしょうか?

経済産業省原子力保安院の最初の発表はここですが、それから
25日間音沙汰なしで2010年9月27日に発表。
福島第一原子力発電所第5号機原子炉隔離時冷却系の機能喪失における保安規
定違反について(指示)
東京電力株式会社福島第一原子力発電所5号機原子炉隔離
時冷却系の機能喪失による保安規定違反への対応について
の文書。
これは第6 1 回原子力安全委員会資料第1 号の
東京電力株式会社福島第一原子力発電所5号機原子炉隔離
時冷却系の機能喪失による保安規定違反への対応について
と同じ。

図面の段階から、作業する場所をずっと全員勘違いしていました。
というのだから、そこを問題にすべき。

こういった単純なミスや勘違いは、実はこれだけではなく
原子力発電所では多発しているのだから、大きい事故につながる前に
まず教育が必要ではないのか。
もんじゅ とかはもう手遅れですが・・・・

無免許なのに、車を運転しているからとか、整備士の資格がないのに
自動車整備しているとか、そういったレベルの話で、
原子力発電所を動かしたいなら、きちんと理解した上で動かしてほしい
ものです。無免許の人の車や、資格のない人が整備した車に乗りたくはありません。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2011-05-19 22:48 | 日々 | Comments(0)