<   2010年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

長男の幼稚園には、お誕生会という
毎月、生まれた月がいっしょの園児を
まとめてお祝いし、それに親も招待するという
行事があるので、行ってきました。たまたま休みでしたので・・

よかったですが、ちょっと長いかな。。
途中で飽きてくる園児も。出るほうは緊張物ですが。

まあでも園児の実態に触れるよい機会でした。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2010-06-14 00:15 | 日々 | Comments(0)
なつかしい「おもちゃ」の作り方 (知恵の森文庫) って広告で見たのですが、これはまさか子どものころかって割りばしと輪ゴムで鉄砲をつくったまさにあの本ですよね。

リストラで大変そうですが、がんばってください。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2010-06-14 00:10 | 日々 | Comments(0)
色はいい具合でしたが、
お味はもうちょっと甘みが出たほうが
よかったです。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2010-06-14 00:05 | 日々 | Comments(0)
伊藤計劃さん『虐殺器官』ハヤカワ文庫一気読みでした。 久々に自分の波長にあった作品に出会えました。でも、もう著者の新作は出ません・・・・ このやるせなさは小説以上。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2010-06-14 00:00 | 日々 | Comments(0)
いつも思うのが、これがプロで

サッカーに専念してしているひとたちの

プレーなのかということだ。

きちんとパスを出す、パスをきちんと受け止める

自分のボールのときに、相手にボールを渡さない(奪われない

といいたいところだが、渡しているとしかみれないプレーが散見)

攻める


このどれもできていないようだ。

あと大事なのが、相手のゴールにボールを入れるということだ。

オウンゴールというのだが、自分が学生時代は、自殺点といっていた。

この語感の響きは、絶対にやってはいけないものという雰囲気が出ていいのだが

オウンゴールだと、なんかゴールしているような感じで軽い。

日本では自殺点でいいのでは。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2010-06-05 22:21 | 日々 | Comments(0)
5月に入ってからの連休中は

長男から始まり、のどが痛く、咳がでて熱が40度近く

出る風邪にかかり、1週間遅れて、まったく同じ症状に次男が

かかりました。最後に自分も、かかり、きつかった。

そのときに、5月中旬くらいに、右の耳が、水が入ったかのように

聞こえにくくなってしまい、耳鼻科にもいってきました。

いまも改善されず、薬をのんでいますが、突発性難聴ではなさそうです。

うみが鼓膜にあるそうなんですが・・・

まあ逆に雑音が聞こえなくてよいかも。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2010-06-05 22:07 | 日々 | Comments(0)
気に入らないと、すぐに、そばにあるものを手にとって投げます。

先日は、ガラス製の哺乳瓶を投げ、みごとに粉々に割ってくれました。

あとDVD好きで、おさるのジョージとアンパンマンと動物好きです。

そして自分で、イスをもってきてDVDプレーヤーのトレイをあけ、入れ替えようとします。

みようみまねでそこまで理解しているのかとおもうと、凄いと思います。

頭をガンガンぶつける行為は、治まりましたが、よく泣き叫ぶことで

自分の意思を通そうとしています。

夜は8時半には寝てますが、朝は6時には起きています。


ややかさかさの乾燥肌という以外は、いたって健康でいます。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2010-06-05 21:57 | 日々 | Comments(0)
プレッシャーに耐えかねていつ辞めるかと思っていたら、

6月になってすぐに辞めたのが、鳩山さん。

じぶんで、引っ掻き回して、これで、政権放り投げたら

無責任の極みと思っていたら、一番楽な方法を選んで辞めてしまいました。

本人は辞めれば終わりかもしれませんが、アメリカや沖縄や、八ツ場ダムやら

子供手当ての受給資格の欠陥やら財源や、財源問題や、高速道路無料化が実質値上げになって

しまう問題とか、事業仕分けの結果をきちんと現実に反映させ実行することや

今後どうなっていくのでしょうか?

B型肝炎問題にしろ、長妻さんも、最初はミスター年金で、非常に歯切れよく、

わかりやすく話していた人が、あっというまに、あれっていうことになって

すっかり影が薄くなり、B型肝炎問題でも、決して国民よりの判断をしないように

なってしまっているのを見ると、人は そのおかれた立場によって信念がなければ

簡単に変わってしまうものだというまさに、見本です。

唯一の意味あることは、小沢幹事長と一緒に辞めたことでしょうか。

菅さんには、二世三世議員ではないこと。この一点につきます。

政権放り出しは、小泉首相のあとから、安倍、福田、麻生と1年内閣で鳩山加えて

毎年首相が変わっているという、面白い国です。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2010-06-05 21:48 | 日々 | Comments(0)