指の爪の間に木片が

夜中に、次男が急に泣き出した。

その日は、パパと一緒に寝るということで
同じ布団で寝ていた。

怖い夢でも見たのかと思い、声をかけると
痛い、痛いと、言っている。
寝ぼけているにしては、本当に痛そうで
リアルに痛いということは夢ではない。
けど、ここは布団だし、痛くなる要素はないはずと
思ったけど、灯りをつけて、痛がっている指先を
みると、

なんとそこには、針のような木片 とげよりは
長く太さありが突き刺さっていた

幸い、摘むことができたので、まっすぐすぐ引き抜いた。
血は出ておらず、長さが1cm超えるくらい、太さ1㎜くらい、

ふすまの木のレール部が、老朽化でささくれており
無意識のうちに偶然、刺さってしまったことが判明。

すごく痛そうで、号泣していた。
化膿止めを一応周囲に塗って対応。

あとで再発防止策として

木のささくれ などでググり

根本的にはレール部を交換するしかないが
すぐに対応は困難と思われ、
応急処置を実施。

[PR]
by kenjimasamunecat | 2017-07-16 22:20 | 日々 | Comments(0)