Good Will Hunting 映画

1997年

ロビン・ウィリアムズ が心理学者Sean McGuire
ロビンも自殺してしまった。
マット・デイモン が Will Huntingを演じ、脚本も書いている。
名前がタイトルにもなっている。

タイトルには、2重の意味が込められている。
ベン・アフレック ChuckieというWillの仲間で
ミニ・ドライヴァー Skylar という恋人になる役だが

好き・愛しているからこそ、知りたい・理解したいという気持ちが
愛するがゆえに、喧嘩になるという、場面がよい。

喧嘩にならないためには、愛さないことになってしまう。

ケイシー・アフレックはベンの実の弟で、兄弟で競演している。

携帯電話がない時代。

ネットワークで繋がる時代と、そうでない時代で別にしないといけない。

20歳までに観たほうがよいかも。

児童虐待は昔からあるテーマだ。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2016-01-02 00:25 | 日々 | Comments(0)