無線LANのチャンネル設定

無線LANにはざっくりいえばテレビのようにチャンネルがあるのも知られていない気がします。
たとえば
「IEEE802.11b」「IEEE802.11g」という2.4GHzで使えるチャネルは、IEEE802.11bの場合は1CHから14CHの14個、IEEE802.11gの場合は1CHから13CHの13個です。
テレビと違ってすぐ近くで同じチャンネルを使用すると、干渉し合い、電波強度が低下し不安定になってしまいます。

各家庭や職場で無線LANが、広く使われている状況では
自分が使うチャンネルが、近くのほかのと重ならないようにするのが
良いですが、それをわかるようにしてくれるのがinSSIDerというソフトです。
無線LANのチャンネルの使用状況を目に見えるように
表示してくれる、便利なツールです。

いまは、バージョンが4になり、有料ソフトになってしまっていますが
つい最近までのバージョン3までは無料でしたので
公式サイトでの配布は終了していますが、ググればダウンロードできる
サイトもあるようです。
inSSIDer

1 mW の値を 0 dBm 。 0.1 mW は10-1 mW なので、−10 dBm。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2015-05-20 18:55 | 日々 | Comments(0)