今年1月の売上高は38.6%減

これはマクドナルドの2015年1月の売上前年比。

4割減。

1年前から、ここから危機を発信していましたが、
方針が変わるわけでもなく、この結果。

食の安心、安全、体に良いというイメージが
いまのマクドナルドにまったくない ということは
理解できているのだろうか。

メニューの廃止や、時間競争など意味のないサービスを
やったり、顧客本位ではないことばかりだった。

写真の見本と実物がまったく大きさなど違うのは
改まるのだろうか。

産地の明示や、できれば国産使用を宣言し、
それで価格はできるだけ抑え、最初は損失が出ない
ぎりぎりの水準を目標にし、その分、購入者に還元する
姿勢をだせば変わっていくかも。
そして
味にもこだわりを見せて欲しい。競合他社に学ぶ点があるのでは。
そもそも、経営者をはじめ従業員は、他社製品と食べ比べを
しているのだろうか?

していて、あのレベルなら、もうどうしようもないか。安くまずくでよしとするか。

安くうまく、そして早い これどこかの牛丼と同じフレーズになったが

そして大前提の安全安心が達成すれば 売上回復、復活は可能でしょう。

この状況でも、まだ6割は支持しているとも見れるし。健闘を祈ります。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2015-02-05 23:50 | 日々 | Comments(0)