ワールドカップ反省

横にパス、横にパス、後ろにパス
前に送ると、奪われる。

たまに、前にボールが行くと、
ボールをまた、細かくパス
その間に奪われる。

運よく、パスがつながると
シュートのタイミングが遅い

それでもシュートがようやくできても、
ゴール枠の外

たまにキーパーのこぼれ球があっても
それを押し込む人がいない

という感じで、

攻めに時間がかかり、その分相手が守備を固められる
から、敵が10人でも引き分けになってしまう。

ボールを奪われた後の
戻りも遅い。
カウンターくらって失点。

まずは、パスの正確さ。 練習練習。

それとスピード。すぐに後ろに蹴らない。

とにかく動ける体力をつくる。走る。

シュートの練習は、していますよね。
まさか誰もいないゴールに対してしか
してないとか・・・

悔し涙流すほどでしたら、3試合の映像と
他国のプレーを見て、何が悪いかをよく見つめて克服し
4年後期待しています。

まずは1勝からです。

コロンビアの2軍相手にボコボコで、
かつ最後にキーパーまで最年長記録のために
替えられ、これキーパーを弱い人に変えられたというのは
非常になめら、屈辱的なこと・・・・

なでしこ とやったら負けるかな。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2014-06-27 10:37 | 日々 | Comments(0)