最大の事件 グアム旅行 アルパット島

ホテルの向かいには、部屋からも見える
小さな島:アルパット島 Alpat Island
があり、宿泊客は無料でレンタルできるカヌーで島まで行くことができます。
1時間借りれますが、とくに時間を厳密には記録しておらず
借りる人の自主性が尊重されていました。
人気なので、10台くらいあったと思いますが、朝一番9:30開始
時点では、順番待ちになるかもしれません。

島はすぐ近くでカヌーで10分もかかりません。
干潮時は、大人なら泳がず歩いても渡れます。
海は海ですので、ライフジャケットも全員着用(無料)です。
足元が、岩場などで素足では怪我をするので
マリンシューズ(これも無料で借りれます)必須です。

島の手前には、魚がたくさんいて、シュノーケル(大人用が
無料で借りられる、子供用は、ホテル売店やマリンクラブで
販売もしている)があれば、より楽しめ、魚を集めるためには
パンなどを持参してエサにすれば、どんどん寄ってきます。

ナマコ、ヒトデ、カニなども見つけられます。

で、事件は、カヌーで島からの帰りに発生しました。

5歳児が、突然カヌーを自分で降りて、先端のロープをつかみ
カヌーを引っ張ろうとしました。引っ張ることは、自分もやって
いたので真似をしたかったのかもしれません。
それに飽きてか疲れてカヌーに乗ろうとヘリにつかまったのですが
ひとりで上がれない、助けてーっていうことに。
ライフジャケットは着用しているので、おぼれることはありませんし
5歳児でもスイミングでバタ足で10m泳げるし、日頃潜水好きですから
そう急ぐこともなかったのですが、ちょうどその引っ張る姿を
写真にとろうとカメラをもってたため、その 助けてを聞いて
こちらがあせり、カヌーを降りて、無事に乗るのを手伝ったのですが
気がつくとカメラがどこにもありません。

デジタルカメラを海に落としてしまったのです。

これまで撮った写真がぁー と落胆しても
仕方ないので、時間はあるので、周囲を自分が捜索しましたが
見つからず、10分探してもなく、体力的にも
いつまでも子どもと一緒に海の上にいるわけにもいかず
あきらめて帰ろうとしていたときに
周囲で、別のこども中学生くらい?かなが二人
シュノーケルをしていて、カメラを見つけてくれました。

奇跡です。

感謝感謝感謝。

あとは、防水仕様ではないので、ホテルで乾かしましたが
電源はもう入らず、あとはSDカードに記録したデータが
みれるかどうかでした。日本に戻らないと再生できなかったので
帰国後、確認すると、無事にデータは救出でき、ほっとしたところです。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2014-04-03 08:28 | 日々 | Comments(0)