危機戦略案 インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC=Bitcoin)」

Mark Karpelesさんが代表ですが、
あごがない。この脂肪のつきかたからみても、相当美味しいものを日常的に
摂取していることがわかる。首が太い。シャツの第一ボタンが留められていない。
ネクタイで隠しているが。
そうとう、飲み食いしているのがよくわかる。

刑務所に入る前の だれかもそうだった。

会社名の MtGox の意味:
Magic: The Gathering Online eXchange(マジック:ザ・ギャザリングの取引所)」という意味
マジック:ザ・ギャザリング (Magic: The Gathering) は、Wizards of the Coast LLC
アメリカのウィザーズ・オブ・ザ・コースト社製のトレーディングカードゲーム。
マジック:ザ・ギャザリング は、
1993年に発売された世界初のトレーディングカードゲームであり、このゲームによってトレーディングカードゲーム(TCG)というジャンルが生まれた。公式にはマジック、M:tGのように略される。
そもそも会社自体が、2009年に最初はトレーディングカードの交換所として設立された。
Mt.Gox is a Bitcoin exchange based in Tokyo, Japan. Mt.Gox was established in 2009 as a trading card exchange, but rebranded itself in 2010 as a Bitcoin business and was, for a time, the largest-volume Bitcoin exchange.
Mt. Gox - Wikipedia, the free encyclopedia


仮想通貨

管理者がいない、発行主体がない通貨。国家の保証がない通貨。

ニュースでいろいろでましたが、社内文書(怪文書?)を見たほうが、英語ですが
はっきり書いています。

その文書が 危機戦略案 です、URLでリンクします。
MtGox Situation: Crisis Strategy Draft
数年間に渡る攻撃で、744408BTCが奪われたとある。
現在は顧客からの預かり資産624,408BTC+12万BTC(MtGox)に対して(-80,208BTC)に対して
2,000BTCしか保有していないとしている。
110万の口座と、55万の本人確認済みの顧客。

利用者の約75万ビットコイン、同社の約10万ビットコイン合計85万ビットコインほぼ全部がなくなっている。
MtGox社の最終レートで約114億6000万円、現在の他社の平均レート他の取引所の取引価格(1ビットコイン=500ドル前後)で計算すると、400億円以上になる。

オンラインバンキングで管理していた利用者からの預かり金額最大約28億円不足している。

現金が合わないのがよくわからない。

顧客が、ビットコインを入手するために支払った現金は、
ビットコインを現金化するために使用される、
そこで両替手数料としての収入があるということなのか。

たとえば、ビットコインの相場が下がり
1ビットコインが1セントで1円というレートになったら、
全部で85万円あれば、引き出しに応じられるのでは?

28億円の不足は、上に変動したために、現金化する人が増えて
不足したのではないのか? あるいは経費、給与などなんらかに使ってしまったか。

12万7千人が取引していた。

1%が日本人。


以前、グリーやモバゲーなどが
ゲームアプリでレアカードやガチャガチャとかやっていたが、
いまもやっているのかもしれませんが、
単なるデータで、実物カードが入手できるわけではありません。


それにしても、これはどうなっていくのか、目が離せません。

通貨 貨幣とは 何か? という大命題にチャレンジしていますし。
信用 とは?とかにもかかわります。

世界には、まだほかに
ビットコインの主要6取引所コインベース、クラケン、ビットスタンプ、BTCチャイナ、ブロックチェーンとサークルが取引を継続しているし、マウント・ゴックスとは違うという共同声明を発表している。

「マウント・ゴックスのユーザーの信頼が著しく損なわれているのは単独企業の行為の結果で、ビットコインや電子通貨業界全体の価値を示すわけではない」と指摘した。
23日にはマウント・ゴックスのマーク・カーペレス最高経営責任者(CEO)が、仮想通貨の利用促進団体「ビットコイン財団」の理事を辞任していたとのこと。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2014-02-28 21:44 | 日々 | Comments(0)