これは制作中に密着取材や周辺取材していたら おかしいと気がつくレベル

NHKスペシャル という ドキュメンタリー・報道番組がある。
いろいろ賞を受賞したり、それrなりの歴史や影響がある番組である。
そこで、2013年3月31日に、いま、本人も3年前から聞こえていたと認めた
人物を取り上げている。
現在のサイトの紹介は
NHKスペシャル|魂の旋律~音を失った作曲家~
作曲についてだけ

NHKスペシャルでは、去年3月31日、「魂の旋律~音を失った作曲家~」と題し、両耳の聴力を失った作曲家として、佐村河内守氏を紹介いたしました。
しかし佐村河内氏が、NHKに対して、自らは作曲しておらず、代わりに作曲していた人物がいることを明らかにしました。佐村河内氏は、「曲の全体構成や曲調などをその人物に伝えたが、自分では曲を作っていない」と話しています。
NHKは、放送当時、本人が作曲していないことに気づくことができませんでした。
視聴者の皆様や、番組の取材で協力していた方々などに、深くお詫び申し上げます。

と謝罪しているが、取材対象者の過去について、何も調べなかったのだろうか?

いまのHPは上記のように、 謝罪しか見れないが、
ネットの正解にはアーカイブがあり、過去のサイトを保存している。

以前の紹介は下記のとおり。

NHKスペシャル|魂の旋律~音を失った作曲家~

魂の旋律
~音を失った作曲家~
2013年3月31日(日)
午後9時00分~9時49分

文化・芸術・エンターテインメント


“現代のベートーベン”と呼ばれる日本人がいる。佐村河内守(サムラゴウチ マモル)、49歳。14年前に原因不明の病で両耳の聴力を失いながら、クラシック作品の中で最も困難とされる交響曲を書き上げた。現存作曲家の交響曲が演奏される事がほとんどない中、彼の「交響曲第一番“HIROSHIMA”」は、広島、東京、京都、大阪など5回も演奏されただけでなく、一昨年発売されたCDは、音楽チャートでTOP10入りを果たしJ-POPと上位を競うなど、“偉業”とも言える空前のヒットを記録した。
そんな彼が、今取り組んでいるのは、東日本大震災の被災者へ向けたピアノ曲「レクイエム」。彼の曲に勇気づけられたと、多くの被災者から声が届いたことを受け、“鎮魂”の思いを強く願うようになったのだ。しかし、震災を体験した訳でもない自分に、納得できる鎮魂曲が作れるのか…。被災地を訪ね、被災した人たちとの交流を深めるなど、佐村河内の格闘の日々が続いている。
番組では、音のない世界の住人、佐村河内がいかにしてレクイエムを完成させるのか。3月上旬に予定されている宮城での演奏会に向けた制作現場に密着。さらに、彼の交響曲に救いを見いだした被災者たちの取材も加え、“命を削り、音を紡ぐ”作曲家・佐村河内守の実像に迫る。


“命を削り、音を紡ぐ”作曲家・佐村河内守の実像に迫る

といいながら、本人のことばを丸呑みで、何の検証もしていない。
誰も気がつかないのか?
気がついていたが、はじめにシナリオありで、そのまま制作し、放送したのか?

耳は聞こえる。
作曲はできない。
楽譜も読めない。
ピアノも初心者レベル。

スポーツ紙の記事で 24歳のときに第二の矢沢永吉とまで言われ
デビュー目前といわれても、 なぜデビューしなかったのか?
そこには、空手初段 という本人によるものがあるが、本当に初段なのかも怪しい。

など突込みどころが満載である。

いつも
サングラス
指や手には包帯
杖を持ち歩く

どう考えても不自然。

こういうのを、受信料を徴収しているNHKが制作し、放送してしまうのは
いかがなものか。

あさイチでも複数回取り上げられている。
NHK あさイチ

お詫び 佐村河内守氏の放送番組について
耳が聞こえない障害を乗り越えて作曲しているとして知られる佐村河内守氏について、「あさイチ」では、一昨年12月12日、去年の5月1日、12月27日の3回にわたって放送いたしました。しかし佐村河内氏が、NHKに対して、自らは作曲しておらず、代わりに作曲していた人物がいることを明らかにしました。佐村河内氏は、「曲の全体構成や曲調などをその人物に伝えたが、自分では曲を作っていない」と話しています。NHKは、放送当時、本人が作曲していないということに気づくことができませんでした。視聴者の皆様や、番組の取材で協力していただいた方々などに、深くお詫び申し上げます。

今回の問題は、作曲だけにあるわけではない。
その人物にある。 NHKは、 嘘 に嘘を重ねている人物を
繰り返し、紹介したことは、NHK自身で検証していく必要がある。
謝罪文だけではなく。
ほんとうに、音声、カメラ、聞き手、照明など多くの人間がかかわる番組で
音がまったく聞こえない 人物への取材で 気がつかないのだろうか・・・
大いに疑問である。

曲自体には、それを作曲した人がいるわけだから
罪はなく、人々が聴きたいいい曲であれば残るし、
そうでなければ消えていくのみ。

義手の少女バイオリニストの父 とのエピソードも酷い。
ググればわかります。 『絶対服従』だそうです。
断ったら 絶縁。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2014-02-12 11:51 | 日々 | Comments(0)