やってしまった T2ガイアメモリ 自作

フィフュア王 No.151についていたシール
a0006545_230862.jpg

を使って、見てるだけではつまらないので、
T2ガイアメモリをつくってみることに。

カプセルなどで、ダブった未使用のガイアメモリがあり、
どうしようかなと思っていたところ、
たまたま、偶然 予定がなくなり、しかも子供たちと自宅待機状態に
なり、かつ外出もまったくできない状況になりました。
そこで子供から提案があり、まさにつくらねければならない環境です。
これも運命か。

資料は、これも前に紹介した雑誌の SUPERてれびくんに
T2メモリ大集合ポスターがあります。
a0006545_2382554.jpg


これを見ながら、手持ち在庫でかつ使えるものから(1つしかないのはだめ)
わいわいやりながらシールをはがしたりして作っていきました。
ガイアメモリの色が似てないのは作っていません。
a0006545_2312457.jpg

※ジョーカーは、RGC(ライダーグッズコレクション)2010付属のT2

そして問題の端子の色。子供は青くすることを要求してきます。
プラモデルに塗装なんてことは30年以上していません。
ここは、ネットで検索して、どういう方法が簡単か調べ、
行き着いたのが、
ガンダムマーカー
と呼ばれるもの。
しかも商品企画はバンダイ。
むかしは、瓶に入っていた塗料を筆につけて塗っていた記憶があります。
いまは、ペンタイプで、名前のとおり、いわゆるガンプラ ガンダムのプラモデルを
塗装するために作られたようです。
色の名前も ガンダムメタブルー。
a0006545_23311435.jpg

希望小売価格は210円(税込み)
やや濃い目で、カプセル版のほうに近い色です。
DX版は青が薄めです。
いつのまにこんな便利なものが出たのでしょう。世の中知らないところで動いています。

26本すべて作る余裕はありませんでした。
似ていない色で作っても満足度が足りないので。
音声は、もちろん違いますが、そこはT2ジョーカーの出番です。
子供も、大満足。
さっそく、T2ガイアメモリごっこです。
残りも作れとか光らせろとか要求がえすかれーとしませんように。
[PR]
by kenjimasamunecat | 2010-09-12 23:14 | 日々 | Comments(0)